読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

書き終わったあと実はタイトル考えるのに10分くらいかかってるのお話。

その他

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

まあ~いろいろあるヤマグチジロウですよ。いろいろありすぎてしばらくここに書くのがおろそかになってしまっている状況ですが、いろいろあっただけではなくそもそも別段書くことがないっていうこともあるんですが、とにかくおろそかになってましたよね。事実としてね。

 

そもそも僕は文章書くのが苦手なんですよね。苦手というよりかは必要以上に考え過ぎてしまってめちゃくちゃ時間がかかるんですよ。

言葉の言い回しだとか前後の繋がりとかテンポのあれこれを必要以上に時間をかけてしまう上に、特にここに書く記事なんかではとにかく「言いたいことを全部詰め込みたい」精神が吹き荒れてどんどん前述の繋がりや言い回しが複雑化していって自分で自分の首を絞めてしまっているのが、ここへ書き込む僕の状況です。そもそも、口が達者なほうでもないしね。

 

具体的にどれくらい時間をかけているかというと、基本的にここに書く際にはだいたい1500文字を目安にしていて、実際それくらい書くと「お、そろそろ締めに入らないとな」と思っています。

それで毎回2時間くらいかかってるんですよ。もちろん集中力のない僕のことなので、途中でtwitterをダラダラ見てしまったり、マインスイーパーをポチポチしたり、書いてる途中でいろんな調べものをしてしまったりで時間を取られてしまっているということもあるのですが、やっぱりそれくらい時間がかかるものとなるというイメージがあるとやっぱりいざ「書こう!」と思った時に少し億劫になってしまうことがあって後回し後回しになっている面もあります。それでいて週に2、3回書けていることを考えると個人的にはよくやってるんじゃないかと思わないでもない。

 

特にどこに時間がかかっているのかを考えてみよう。

①まず「こういうのを書きたいな~」と思い立って思い切って書き始める。ここでだいたい最初の数行。

②その事柄の評判だの情報だのをガッツリ調べて自分の主観を照らし合わせながら「じゃあこう書こう」っていうのをいくつかピックアップする。

③そうしていろいろ書いているうちに「ここの言い回しどうしよう」とか「ちょっと流れが変な感じになってるな」とか考え始めて、カリカリし始めると集中力が切れて……あ、ここだな。ここで一番時間かかってるな。

④とまあなんとか言いたいことを詰め込んでみて、読み返す。ここで話の前後を入れ替えたり不自然なところを修正したりしています。それでいて誤字の多いこと多いこと。なんでああいうのってアップしてから気づくんだろうね。この現象に名前が欲しいよね。

とまあこんな感じです。書きながら気づいた通り、詰め込んでる間が一番時間取られてるね。ここでシュッと書ききれればもっと時間短縮できそうだけど、それができてたらそんなことにはなってないよね。

 

さあ、皆さんはもうお気づきかと思いますが、今回のお話はどことなく色がおかしいよね。足の裏のお話で試した画期的な方法をひとつ活用して、記事を書いて10分経つ毎に色が濃くなっていくという画期的な仕様にしてみました。時間を計っているからか、調べ物をする必要が少ないからかいつもよりだいぶ早いですね。妙な緊迫感があってtwitterを一切見てないしね。

じゃあこの方法で毎回計ってやれば早く書けるんじゃね? と思えど、体力がガンガン減っています。慣れないことはするもんじゃないよね。特に色を変えてる部分に付け足したり修正したりするのが憚られている時点で少しもやもやしてるし、いろいろとストレスフルです。ああ最初のほう勢いに任せすぎたぁ~どおりで結構文字数書けてるわけだぁ~。

 

いかがでしたか? 基本的にこのブログは僕が僕のためにいろんな物事への考えを書きまとめてそれ以上考えないようにするためのブログなので、こういう実験的な物もやってみたり。

ここまで書いてみて「やっぱりいつも通りが一番」と思い始めているので、これからも2時間かけて書こうと思います。だから皆さんも「また2時間かけたのか~」って思いながら読んでね。

 

それでは。