べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

傾向とテレビ局のお話。【フジテレビ編】

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

これまで何度も触れている通り僕はテレビ、特にバラエティ番組大好き人間なのですが、それについて最近いろいろと気になることがありまして、それをまとめてみようかなと思いまして。

それは何かっていうと、テレビ局ごとにバラエティの傾向みたいなのあるよねということで、もちろんそれはとてもとても1つの記事では(僕の思うちょうどいいサイズに)収まりきらないので分けて書いておりまして、分かってるね? 第三弾です。

 

第三弾はフジテレビ。

実は僕の育った山口県ではフジテレビが映らなくて、当時でいえばめちゃイケとかトリビアとかのヒットした番組だけ買い取ってド深夜とか夕方とかに放送しているものを見る程度しか触れ合いがなかったんですよ。

そんななか現在の街に越してきてようやく触れ合えるぞという時にはフジテレビが一番燃えている頃で、現在に至るにつれかつての勢いが薄れているという、そんなフジテレビ人生ですがこのブログはとにかく褒めようみたいなところもコンセプトにあるのでね。ポジティブにいくよ。ポジティブに。

 

そんなフジテレビに感じるバラエティ番組の傾向はやりたい放題と大規模の殿堂の局です。

めちゃ×2イケてるッ!』や『はねるのトびら』でのパロディ企画の数々『とんねるずのみなさんのおかげでした』での大掛かりなセットを利用した企画。『トリビアの泉』や『ほこ×たて』などでも大規模な検証が人気でした。また、矢島美容室や羞恥心をはじめとするヘキサゴンファミリー、エキセントリック少年ボウイオールスターズなど、メディアミックス前提での企画も多く、まさにやりたい放題なテレビ局だと言えるだろう。それも、タレント・スタッフ一丸となってのやりたい放題なので企画がノッたときの爽快さは他の局を逸するものがある。

逆に、『オモクリ監督 〜O-Creator's TV show〜』や『世界は言葉でできている』など文化的な内容を扱う番組では深夜時代に好評を得ていたものでもゴールデンで短命に終わる傾向を感じる。

そういう部分が例えば最近のコンプライアンスの問題でやりたい放題にケチがつくようになったり、予算等の問題で大規模での企画が通りづらいという問題が、昨今のフジテレビの低迷に繋がってるのかも知れない。

 

そんなフジテレビで、現在でもやりたい放題という傾向を感じる番組を2つ紹介しましょう。

 

ひとつめは『さんまのお笑い向上委員会』。

向上長・明石家さんまを中心にお笑い向上委員会メンバーがひな壇に座り、招かれたゲスト向上芸人に言いたいこと(○○をやめろ、××を見習えなど)をぶつけ、お笑い界全体の向上を目指すという、表向きはそういう番組である。

しかし、本編のほとんどは明石家さんまとメンバーによるアドリブ合戦であり、そのアドリブが盛り上がった結果3本撮りのうち1本目はゲスト芸人を呼び出すことができないという事態もたびたび起こり、「一番呼ばれたくない番組」「戦場」などと出演者から恐れられる番組である。

モニター横芸人と呼ばれるノーギャラで参加する芸人(※1)も、トークのハネかたによってはその日の主役にもなりうる、まさに何でもありのやりたい放題な番組といえるでしょう。

 

もうひとつは『全力!脱力タイムズ』。

くりぃむしちゅー有田哲平扮するアリタ哲平がメインキャスターとなり、有識者3人にゲストの俳優、バラエティタレント(主にお笑い芸人)を加えた5人をコメンテーターに招き、ニュースを解説する自称・報道番組。

しかしその中身は、取り上げた特集が「まだVTRができてない」「ボードが間に合わなかった」などという理由から全く関係ない企画に進んだり、事前にゲストに取材した特集が徐々に間違った内容になっていき、その都度唯一の良心であるゲスト芸人がツッコんでいき、軌道修正を試みるも、有識者たちがそれぞれの得意な話題に持ち込んで解説を始めたりと、ゲスト芸人以外が押し進める悪ふざけに終止振り回されるという内容。

近年のワイドショーなどにお笑い芸人が呼ばれて真面目に受け答えをする現状を皮肉った内容にも感じられて毎回楽しみな番組です。

 

3月いっぱいで『めちゃ×2イケてるッ!』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』という長らく局を支えてきた2番組の終了が告げられ、岐路に立っているフジテレビ。ここからフジテレビらしさを貫くのか、新しいフジテレビ像を見せるのか、その動向に注目したい。

 

それでは。

 

(※1)番組初期にイワイガワ岩井ジョニ男がモニター横で見学していたところをさんまがイジったところトークがハネ、ひな壇に「昇格」したことから若手芸人が殺到している枠。過去にサンシャイン池崎や平野ノラがこの枠で出演し、他番組にも進出していったことから芸人の青田買い的な要素も多い。

 

※傾向とテレビ局のお話アラカルト

colapoly.hatenablog.jp

colapoly.hatenablog.jp