べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

シウ漫画とセルフライナーノーツのお話。(1~5話)

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

そうなんですよ。今月の中頃から描いていたシウ漫画「トレジャーランド」が完成したんですよ。

中頃に「あっ、そうだ。今月中に描ききれるかチャレンジしよう」と思って描き始めて、描き始めた次の日に小田原城に行って一日中歩き回るっていう大余裕をこきをしつつも、途中でめちゃくちゃノッたお陰で描ききることができました。褒めましょうね。僕を。

そんなわけで、ここでようやく、満を持して、このブログを立ち上げて2年ちょいが経ったこの機会で、シウ漫画の一話一話にコメントを付けて紹介しようかなって。そう思った次第です。理由は、なんとなくです。そんなもんです。このブログは。

そんなわけで今からおよそ7年半ま、7年半前!? えー意外と歴史のあるシウ漫画を1話からコメント、もはやこれはセルフライナーノーツですよ。や、そう言うとちょっと恥ずかしいよね。紹介していきます。どうぞよろしく。

 

第一話「ツガイチヨ」

ニコニコ静画シウ漫画。 ひとつめ。「ツガイチヨ」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「ツガイチヨ」: ヤマグチジロウのマンガとか。

絵がっ、絵がっ……その、歴史を感じますね(自分に気を遣うスタイル)。ともあれ僕が初めてちゃんと描いた漫画なのでその辺は皆さんも歴史を感じてください。ここで言う「ちゃんと」は片手で数えられる以上のページ数のことを言います。

だいぶテンションも粗い感じもしますが、その辺も歴史を感じていただきたい。

ともあれ、この後に何度も登場してくれるツガイさんの初登場回ですね。一話目だからみんな初登場なんですが、当時シウとかマキちゃんとかシュウは仲間内でお馴染みのキャラクターだったのでこういうことも起きるというわけです。

余談ですがこの頃からずっと桃鉄はみんなでわいわいやりたいゲームの筆頭なわけだったのですが、この7年半で1回しかやってないんですよねー。次はいつになるのかなー。

今回のメシはお弁当。

 

第二話「ホームタウン」

ニコニコ静画シウ漫画。 ふたつめ。「ホームタウン」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「ホームタウン」: ヤマグチジロウのマンガとか。

商店街の人々が初登場ですね。元々、「シウを商店街の人たちと触れ合わせる漫画でも描きたいな~」と思ってたところにガッツリそういう触れ合いも描いている『それでも町は廻っている』の存在を知ってしまったがためにこれはイカンとあわてて描き始めたのがシウ漫画なのですよ。

そういう割にはそんなに触れ合い描いてない気もしますがね。そして今読み返してみるとマキちゃんが魚屋に来るのが2回目とか言ってたり、シンゴのことを警官ってことを知らなかったりしてるからその辺の細かい設定みたいなのもちゃんと考えないといけないね。こんなに数を描くとは思わなかったし、時系列バラバラスタイルを採用してしまったからその辺の整合性とっていかないとね、いけないんですよ。既にこの話以前のお話を10個描いてますからね、大変ですよ。この時系列バラバラスタイルもそれ町に影響されてますね。

余談で言えば回想で出てきたハニワのぬいぐるみが1話目で出てきてますね。今気付きました。

今回のメシは海鮮丼。

 

第三話「ラブイズブラインド」

ニコニコ静画シウ漫画。 みっつめ。「ラブイズブラインド」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「ラブイズブラインド」: ヤマグチジロウのマンガとか。

かしこちゃんと姉のシイ初登場。珍しくラブリーな感じ。思ったより何も言うことない。

これまで割とシウが振り回していくスタイルだったのがここにきて崩されましたね。この辺りでようやく粗いテンションが丸くなってくるって感じですかね?

かしこちゃんもう少し使いどころがあるといいんだけどね。なかなかやっかいなヤツですからね。

今回のメシはオムライス。

 

第四話「クリスマスエヴリデイ」

ニコニコ静画シウ漫画。 よっつめ。「クリスマスエヴリデイ」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「クリスマスエヴリデイ」: ヤマグチジロウのマンガとか。

初のマキちゃん回と言えるでしょう。マキちゃんの妹弟も初登場です。

最近ではやってない子供の頃の回想よく使ってますね。というか回想自体最近あんまりですよね。あと制服の上に着る冬服かわいいからいつかまたやりたいってずっと思ってるんだけどこれもまたなかなか難しいものです。

余談ですがマキちゃんのマンションの元ネタは僕が免許取りに行った帰りにその辺で撮ってきたやつなのでこの後に出てくるマキちゃんのマンションとは形状が異なる場合があります。お話の整合性どうのこうの言ってる割にはこの辺アバウトだよね。

今回のメシはなし。

 

第五話「コズミックサーフィン」

ニコニコ静画シウ漫画。 いつつめ。「コズミックサーフィン」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「コズミックサーフィン」: ヤマグチジロウのマンガとか。

設楽さんと桜庭さん初登場。この二人は当初こんなに使う予定はなかったんですがね。本来マキちゃんに求められていたツッコミの部分を設楽さんが務めているといった感じです。マキちゃんが思ったよりも奔放になっていったものでね。

中盤でシウが言ってるアイデンティファイドフライングオブジェクトはアンナイデンティファイドフライングオブジェクトのガチ間違えです。僕の。でも前者だと「識別された飛行物体」っていう間逆の存在になるのが面白いのでそのままにしてます。もし将来的にリメイクすることがあったり校正することがあってもこのままにしようと思ってます。ガチ間違えしてみるもんです。

オカルティな田辺さんはこの後出てきそうで出てこないキャラクターの一人。割とオカルティな話も多いのに出てこないってことは出てこないかもな、これ。

文化祭の準備のお話なのですが、本番の文化祭は十二話の「ランランナウェイ」で出てきますね。

今回のメシはクレープ。

 

おっと、これはまた長くなってしまうパターンですねえ。これは分割ですねえ。これ分割してたら次のシウ漫画が出来上がる可能性だってあるよね。まあ、その時はその時で?

それでは。