べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

シウ漫画とセルフライナーノーツのお話。(6~10話)

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

そうなんですよ。シウ漫画の最新話をアップしたのが先月末。じゃあこの際今までのを振り返ってひとつひとつコメント残していこうじゃないかって言ってそういう記事を書いたのが先月末。結局量が多くて分割してやろうとしたのが先月末。今回はその先月末にあったやつの第2回。6話目から紹介していこうと思うよ。(※1)

 

第六話「サマータイムブルース」

ニコニコ静画シウ漫画。 むっつめ。「サマータイムブルース」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「サマータイムブルース」: ヤマグチジロウのマンガとか。

初登場はなし。と、思いきやテニス部のウエコ先輩がちょこっと出てきてますね。この人に関しては後から出てくるのでその時お話しますね。

実はと言うとこのお話、今まで描いた中でもけっこうお気に入りのお話なんですよ。諸々のトリックとかオチがビシッと決まった! という印象が強いのでね。お気に入りなんですよ。

あと、このお話の着想を得るキッカケになったのがミスチルの『ランニングハイ』の歌詞にある"亡霊が出るというお屋敷をキャタピラが踏み潰して~♪"の部分で、後に更地になった病院跡を見てノスタルジックに浸る『小柴シウ28歳(仮題)』へのフックになってるハズなんですが、今のとこそんなの描く予定はありませんでして、一応そういうのがあるって気持ちだけはあるんだよってことだけはお知らせしますね。

あと余談で言えば名前だけ出てきている大工の大悟ってやつなんですが、これは千鳥の大悟とノブをイメージしたやつらを出そうかなと思ってた名残みたいなもんですね。当時はまさか今や彼らがバリバリにテレビに出るようになってるとは予想もつかない頃ですわ。今、大工の大悟が出るとしてもルックス全然違ってるでしょうね。そもそも出るかも不明ですね。

今回のメシはガツンとパイン。

 

第七話「ドロウザライン」

ニコニコ静画シウ漫画。 ななつめ。「ドロウザライン」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「ドロウザライン」: ヤマグチジロウのマンガとか。

このシウ漫画は時系列バラバラ形式を採用しておりますのでこの回での設楽さんとシウマキはほぼ初絡みということになっていますね。

そしてこの回のタイトルである『ドロウザライン』ってけっこうお気に入りのタイトルなんすよ。この時期お気に入り多いね。ノッてたのかね。

どういうことかって言うと「大人と子供のラインを引くお話」みたいな意味合いでつけたタイトルなんですけど、このラインを"引く"の部分にあたる「ドロウ」が、ちゃんと書くと「Draw」がくじを"引く"という意味もある「Draw」にかかってるんですよね~。オシャレですね~。それにしても両方とも英語では"Draw"であり、両方とも日本語では"引く"なのってなんか面白いよね。

余談ですが店長さんのモデルはCDショップでバイトしてた頃の店長です。

今回のメシはお弁当。

 

第八話「ロボットロック」

ニコニコ静画シウ漫画。 やっつめ。「ロボットロック」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「ロボットロック」: ヤマグチジロウのマンガとか。

地味にお隣の里奈ちゃん初登場です。

なんかすげーいい話っぽくて逆に恥ずかしいんですがなんでしょうねこの気持ち。

このお話もどっかでやろうと思ってるやつのフックに使おうと思ってるものがいくつかあるんですが、フックが多すぎてハンガーが足りない状態ですな。そうやって見てみると住職がシウの父親のことを知っていたり、町出身の科学者どうこうの話が宙ぶらりんになってるのがうかがえるね。

今回のメシはお好み焼き。次に食べるピースをへらの上に置いて、ある程度冷ましておくのが猫舌の知恵。

 

第九話「ラッキーガール」

ニコニコ静画シウ漫画。 ここのつめ。「ラッキーガール」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「ラッキーガール」: ヤマグチジロウのマンガとか。

ナベちゃん先輩が初登場。当初はこのお話にだけ出てくる先輩のはずだったのだけど、これだけはっちゃけるとまた使いたくなるよね。

ウエコ先輩が何個か前に出てきてる通り、シウがテニス部に所属してるというのはかなり前段階からある設定で、この運だけで優勝しちゃうっていうのもどっかでやろうと思っていたお話なわけです。ほら、どっかでやろうと思ってたお話をちゃんとやってる前例があるのですから、空いたままのフックも無駄ではないということがお分かりいただけるでしょう?

当時は勢いだけで描いたのでアレなんですが、テニスって数あるスポーツの中でも特に実力差が顕著に出る競技らしいですね? 読み返してみてやっちまったなー、と思わなくもないので後々に軽くフォローを入れてあります。ほんとに軽く。

余談ですが、国民的アイドルグループ暴風雨のナメジュンは少し考えれば分かる通り、嵐の松潤がモチーフですね。でもナメジュンって要潤のほうが近いんだよね。

今回のメシはおにぎりとフランクフルト。いわゆる山賊食べですね(※2)。

 

第十話「アップタウンガール」

ニコニコ静画シウ漫画。 じゅう。「アップタウンガール」 / ヤマグチジロウ - ニコニコ静画 (マンガ)

専用ブログ:シウ漫画「アップタウンガール」: ヤマグチジロウのマンガとか。

この看板の図形のトリック(?)は他のキャラを使ってやろうと思っていたお話なんですが、あんまりそっちの世界観に合わなそうだったのと、なんだか長くなってしまいそうだったのでシウ漫画に持ってきた次第です。

このあたりでマキちゃんの変にミーハーで変にこだわるキャラクターが確立してきた感がありますね。僕も城跡を訪れた際なんかに、せっかく知らない町にいるのだからといい感じの飯屋を探すのですが、あまりにもいい感じ過ぎると根がチキンなので入れずに結局家系ラーメンの店とかに入っちゃうタイプです。

余談ですが序盤でシウが持ってくるディバイナリレイっていうのはバンドの名前で、オウガバトル64っていうゲームの魔法の名前から取ったものです。同じくその魔法の名前から取ったジハドというバンドを高校時代に組んでまして、それと対応する形で……って、これはホントどうでもいい情報でしたね。

今回のメシはうどん。

 

と、いうわけで今回も5つほど紹介したところで分割となります。

それでは。

 

(※1)その先月末の様子がこちら。

colapoly.hatenablog.jp

(※2)山賊食べとは、串に刺さった肉っけのあるものとおにぎりを両手にそれぞれ持って食べるスタイルのことで、主に僕しか使ってない用語です。