読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

いつも通りと笑×演のお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

今回はバラエティ番組のお話を。このブログでバラエティ番組のお話といえば内村てらすやヨムスポなど深夜番組が主ですが、ですがじゃないな、同じく深夜番組です。いつも通りってわけです。こうして見ると深夜番組しか観てないような感じするけどゴールデン帯も割と観てますよ。「みんな観てるだろうし別にいいかなぁ~」って思って話さないだけで。それと、深夜のバラエティってクセが強かったりいろいろと荒い部分があったりで話題にしやすいんですよね。

 

本題に入りましょう。その名も「笑×演」。その名が示す通りお笑い芸人が書いたネタを役者が演じるという、シンプルで分かりやすい番組です。だからこそ興味を引かれるわけですよね。そうですよね!

 

題材がシンプルとなると気になるのが出演者ですが、プレ放送的な特番(1時間)と通常回(30分)3週ぶんを観てみたところタイムマシーン3号さらば青春の光、ザ・ギースなどネタに定評のあるお笑い好きにも納得な人選で、役者陣の方も映画やドラマで(あんまり見ない僕でも)よく見るような人たちなうえに芸歴ウン十年の大ベテランの方々も積極的に起用していてなかなかに見応えがあります。

 

ネタへの取り組み方も人それぞれで、例えばハライチ岩井の場合「個人的には好きなのだが、ハライチではできないネタ」としてリズムネタのようなコントを書いたり、逆に流れ星やうしろシティのように普段自分たちがやるようなネタを書いたり、ナイツのように普段の自分たちのスタイルを残しつつ演者のプロフィールなどを踏まえたネタの作り方をしたり。

 

そんな中、全ての芸人に共通していることがあるのです。

ネタを始める前に、その芸人と役者のそれまでの様子がVTRで流れるんですよ。その中で芸人が役者に台本を渡しに行き、役者はその場で目を通すのですが、その時の芸人は読み終わるのをずっとそわそわしながら見守ってるんですよ。普通他人にネタを書くことなんてないでしょうから当然といえば当然のことなんですが、毎回面白いです。

 

気になるのはそのネタの出来栄えなのですが、あんまり文章で言っても野暮なことだしそもそも伝えきれるものでもないのでこれはもう放送を見てくださいと言うほかありませんよ。とにかく笑いのプロと演技のプロのバチバチしたものが見られるのはここだけです。

あと、ひとつだけ言えることは、芸人が作るネタは当然それまでにない書き下ろしなので全てのネタを新鮮な気持ちで見られるということです。それって地味に嬉しいことですよね。そうですよね!

 

そんな感じですね。シンプルでありながら全てが新鮮な番組で毎週楽しんでおります。MCのザキヤマバカリズムも静と動でありながら居心地のいい場回しもほっこりポイントです。あ、テレビ朝日で毎週水曜の深夜1時57分放送なので気になったら是非に。

しかし、プロ対プロのバチバチが見られたと思えば、同じテレ朝のくりぃむナンチャラで「クイズ技術さんが考えました」というクールポコやいつもここからなどのショートネタの中に音声さんやカメラマンなどの技術スタッフが考えたネタを混ぜ、それを当てられるかという、笑×演とコンセプトは間逆なのにこれまた面白い企画を同時期にやっててなんか面白いなって思いましたね。面白いっていっぱいあるんだね~。

 

それでは。

 

さらっとしっかりのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

カルテット、最終回から1週間ちょっと経ちましたね。

普段あまりドラマとかを観ないのですが、好きな松田龍平が珍しくテレビドラマに出るからと気になったので観ていたのですが、まんまとハマって、後追いなどではなく第一話から毎週楽しみに観たドラマって久しぶりのような気がします。

観てみた感想としてはシーンや掛け合いの一つ一つが見逃せない行き届いた作品だったなあと思いました。全部振り返ってるとキリがないので、最終回を主に振り返ってみたいと思います。

 

最終回は色々な「対比」が詰まってたんじゃないでしょうか。

1話の車で別荘に向かうシーンの再現のようなシーンでは声の小さい真紀さんとは真逆の元気な女の子を乗せてたり。

美容室をクビになってからノクターンでのバイトが決まるまで何もしてなくて養ってもらう気マンマンだった家森さんがあんなに難色を示していた割烹料理屋(になったのくた庵)で週7で働き、板前修業を始めるとまで言い出したり、毎朝二度寝をしていたぐうたらなすずめちゃんが資格取得を目指して徹夜をするようになってたり、唯一勤め人であった別府さんが会社を辞めていたり。そのギャップが真紀さんがいなくなったことによる歪みのようなものが読み取れたり。

逆に1話と同じことを、例えば唐揚げを囲んでのかけ合いという、同じことをしているのに意味合いが変わって見えるという演出。先日のけものフレンズの最終回でもありましたが、1話での言動を用いて最終回までの成長や変化を見られるのはいいよね~って思ったりしてました。

 

また、「なぜ音楽を続けるのか」という手紙の送り主との対比。元々、4人だってあのカラオケボックスで偶然出会っていなければ音楽をやっていこうと思わなかっただろうし、もしその送り主もその偶然に巻き込まれていたら……というか、もし出会っていなければという対比ですかね。

「自分の中のキリギリスを殺し」て、送り主の言う「正しい選択」をすれば、スパッと諦めて板前修業をしていれば、資格を取ってキャリアアップしていれば、現在の自分から変わってしまえば、正しい人生やもっといい人生が待っていたかも知れない。それの極端な例がアリスちゃんだったように思います。でもそんなこと関係ないと歩み続けるという選択をした4人。

でもその4人はダメなままではない。ちゃんと唐揚げを小皿に取ってレモンをかけられるようになったし、これからはサンキューパセリを言えるようになるでしょう。世間の言う「正しい選択」をしていなくても、ちょっとずつでも前に進んでいけばいいんだよ。というお話なのだと僕は思いました。

 

お話の作り方に関して、毎回冒頭でその回のテーマと言える様なことをさらっと乗っけるスタイルが印象的でした。最近よく言ってる縦軸ってやつですよね。なんかで使いたいものです。

さらっとといえば割と物語の重要であるような事柄をさらっと、些細などうでもいいようなことをじっくりと表現してますよね。物語最大の嘘である真紀さんの正体でこれでもかと引っ張ったかと思えば次の週の序盤であっさり真紀さんの本名や本物の早乙女真紀を出してきたり。かと思えば家森さんのいちゃもんにたっぷり時間を使ったり。でもその部分がその回のテーマにしっかり刺さってたりと、ここでもドラマとしての「正しい選択」から外れている作り方のように思えてちょっとフフンと笑っております。

 

ついでなのでもう一回触れておこう。けものフレンズもそういう作り方してた気がしませんか? 重要な(でも薄々分かっていた)かばんちゃんの正体をさらっと明かしたかと思えばフレンズたちとの触れ合いをしっかり描いていたりして。同時期に似たようなスタイルの作品を観ると嫌でも意識しちゃいますよね。なんかで使いたいものです。

 

それでは。

 

色々と繋がるのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

久々に書こうと重い腰を上げたら天井まで浮き上がってしまったとでも言いましょうか。2ヶ月振りに書き始めたら書くこといっぱいあったという前回からの、つまりこれは後編です。とはいえ前編を読んでなくても別に話が繋がってるわけではないのでそのままでオッケーです。たぶん。

 

というわけで最近、「中島卓偉のお城へいこう せ~の キャッスル! キャッスル!」という土曜の朝にやってる15分の番組を毎週観てるのですが。まあ~まんまと興味持ってかれちゃいましたよね。お城に。

中島卓偉さんはデビュー時から大好きで、彼がお城好きだということも知っており、お城のコラムなんかもちょこちょこ見てはいたのですが、本人が実際に楽しんでる姿を観るとやっぱり違うものですね。特にお城の建物そのものではなく城跡の石垣や土地の形状なんかを見てわいわいとはしゃぐというのは僕にとって今までになかったもので、そういう楽しみ方もあるのか~と興味をひかれたのがひとつと。

元々僕は地名なんかが好きで、地名の由来ってだいたいその土地の形状が由来してるじゃないですか。そのあたりが繋がって一気にグッと引き寄せられた感じです。何かと何かが繋がる瞬間って、心が動きますよね。

暖かくなったら近場のどっかに観に行ってるだろうなってレベルです。

……この文章だけでは何者か分からないかも知れませんが中島卓偉さんはミュージシャンです。念のため。

 

そういう流れもあって、とりあえずそういうのは所縁のある地元のものを調べてみたいじゃないですか。肌で感じられるといいますか。

そもそも、地名が好きな僕は、もちろん地元の地名の色々を調べた時期があって、所々にさんずいや浜辺を思わせる地名が残っており、小さい頃から町の老人方や友達のお兄さんなんかに言われていた「昔この町のあたりは海だったんだよ~」という話に繋がって「あれは本当だったんだ~」とニヤニヤした話がありまして、地名の一個一個を想像するとなかなかに壮大な話になるので、ここでも書いてまとめようとも思ったんですが、余りにもローカルな話なので伝わらないなと断念していたんです。まあ、つまりはこういう色々を調べるのが好きってことなんですね。

そういう流れもあって(二回目)、地元のお城を調べようと思い、石垣や土地の形状というのを思い出し、「もしや?」と地元にあるとある山を調べてみたんですよ。

 

何故かというとこの山、それほど標高があるわけではなく、地元の学校の遠足なんかで子供たちがぞろぞろ登ったり、家に居ついた猫を捨てに行くような山なんですが(後にこの猫は帰ってきました)、頂上が地元の町のほうから見ても少し顔を出すように突き出ていて、そのおかげで頂上から見下ろすと町の全体が見えるようになってるんですね。それで「昔はあそこから町を見守る/監視をするために突き出すように作られたのでは?」という話題が親戚のおじさん方からあがるような山で、その実かどうか分かりませんが古いけど立派な石垣があるんですよ。

それを思い出して「あの石垣ってお城だったんじゃあるまいか」と思ったまでが経緯です。

 

調べてみるとこれが古代山城というものの一つで、7世紀頃に作られたお城らしいんですよ。

もっと掘り下げてみると663年に白村江の戦いという朝鮮半島で起こった戦争に当時の倭国百済と連合を組んで参加し、敗れた際に唐からの侵攻に備えて九州を中心に瀬戸内のほうまでいくつもの城が作られたものが古代山城で、その一つが地元にあったってことです。

ということは先ほどの「町全体が海だった」話も「山の頂上から監視してた」話も、海を渡って敵国が攻めてくるのを監視していたってことになって、地名なんやらで調べた話と繋がってきますよね。

信じられますか? 猫を捨てに行ったり山頂の広場でお弁当食べてた山が天智天皇の時代からなるお城だったなんて。ねえ?

 

……そういうことを、最近はやってました。

というわけで今回のストーリーラインというか縦軸は「繋がる」でした。

 

それでは。

 

色々とストーリーラインのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

時間経ったね。特に何もなかったんだけど色々あって何も書いてませんでした。急に「何か書くほどのことでもないな」って思ってるうちに2ヶ月経ったね。

 

もう結構前になりますが、ガキの使いのエンディングの件。カールスモーキー石井こと石井竜也さんでしたね。出てきた時に思わず「カールスモーキー石井かよ~!」と仰け反ってしまいました。

だって予想するにあたってはじき出したそれまでの傾向(ダウンタウンとも絡みがあり90年代初頭に一世を風靡したグループのボーカル)にバッチリの人だったんですよ。

それでいて予想からポッカリ抜け落ちていた人だったので己の浅さや予想できたであろう悔しさやあともう色々な感情が入り混じって名前を叫びながら仰け反るに至ったわけです。

いや、でもこれでこの傾向は確固たるものになりましたよね。その割に去年の予想を振り返ってみるとグループのボーカルを全然入れていなかったのが悔しいの極みなので、今年の予想はその辺をガッチリ固めていこうと思います。

 

それでも町は廻っている」の最終巻が出ましたね。石黒正数さんは巻頭で「対決」がテーマと書いておりましたが、個人的には「決着」という言葉がしっくりきたかなって感じです。それまでの色々なお話のひとつひとつに決着がついていく感じがどこかセンチメンタルであり、同時に「こんなに考えられてたんだ」と感心するばかりでした。

同時発売のガイドブック「廻覧板」も同時購入、といきたかったのですが、色々な店舗を探し回っても見つからず、昨日改めて歩いて小一時間大きい書店に求めて行ったがまたも見つからず、しょぼしょぼ帰りながら一応……と、いつも利用してる書店に寄ってみたら普通に置いてあって嬉しい反面、小一時間行って帰ってきた今までの苦労はとか、いつも利用してる書店を信用してやれなくてごめんなとか、色々な思いと共に購入してきました。

その中の「再読の手引き」という、一話一話に解説をつけているものをもう夢中になって読んでいるわけですが、その「決着」に至るまでのお話を「ストーリーライン」として要所要所で入れていたということがうかがえてさらに感心。「ストーリーライン」、今一番使いたい言葉です。

それでも町は廻っている」は、僕の中でそれはもうひどく影響を受けた作品なので終わってしまって残念な気持ちは、それはもうひとしおなのですが、サイズとしてはちょうどいいのかもなあ……と、思ったり。僕の中で10巻前後が長くもなく短くもなく、読み返しやすいベストなサイズ。と、前々から思っているのですが16巻という、まあ……ちょうど……いい、でも続きも……読みたい……。……っていうちょうどいいサイズなのかなって思いますね。少し足りないくらいがちょうどいいですよね! 読み返すには1話1話が濃すぎてちょうどよくないですがね!

 

……と、本当はもういくつかお話を加える予定だったんですが、意外と書けるもんですね。なにが「何か書くほどのことでもないな」ですかねほんとに。書き始めれば色々出てくるもんですね。

ともかく、僕の一記事でのベストなサイズは1200文字前後なので、2つに分けることにしました。別に続きというほどのものではないですが、まあそちらも楽しんでいただければ幸いです。

ちなみに、今回の記事のストーリーラインは「色々」です(さっそく使う)。ただこの場合ストーリーラインというよりかは「縦軸」って言ったほうが、それっぽいですね。「縦軸」も最近使いたい言葉なんですよ~。

 

それでは。

 

2016年とCMのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

もう今年も終わりますね。

そんなこんなで今年もまとめようと思います。個人的に心を掴まされたCM大賞

 

とりあえず昨年までの大賞をずらっと。

2009年 ジュエルカフェ 貴金属刑事シリーズ
2010年 日清 カップヌードル替え歌シリーズ
2011年 エステー 消臭力
2012年 グリコ ポッキーみんなに笑顔を届けたい冬編
2013年 ホクト 立派なきのこ
2014年 ショップジャパン ワンダーコア
2015年 テレビ東京 PLAY THE PING PONG

例によって動画貼っつけるのがめんどいのでそれぞれ探してみてください。多分あります。

 

前回は10作品といいながらはみ出てしまったので今回はしっかり10作品に収めてきました!  それではさっそく参りましょう。

 

キリンビバレッジ 氷結 あたらしくいこう さかなクン

氣志團綾小路翔志村けんなども登場した氷結あたらしくいこうシリーズの中でも一際話題を呼んだのがさかなクンさんですね。特別ムービーのフルバージョンもかっこよかったです。

 

 

キリンビバレッジ プラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」

連続でキリンビバレッジ。今年はキリンが頑張ってた印象があります。学校に一人はいるいるというような内容で最後にメッセージに繋げるという良作です。ちなみに僕は半袖短パンボーイでした。

 

 

日清 カップヌードル 「CUP NOODLE XV 篇」

ファイナルファンタジーの制作現場に差し入れしたところ実現したというコラボ。比較しなくてもシュールで面白いのにちゃんと毎回比較版と並べて放送されていて最高です。

 

 

創味食品 創味シャンタン カップル篇

今年のCM界では一際輝いていたように感じる二人の競演。高良健吾の顔芸でたたみかけるオチ(?)が大好きです。

 

 

ショップジャパン セラフィット「すべーる!スケート」篇

一昨年の大賞、ワンダーコアのショップジャパンから。織田信成のキャラクターや過去の言動を踏襲したコミカルで分かりやすいCMでした。

 

 

ドラゴンクエストヒーローズ2 「山田は呪文を唱えた篇」

ドラクエファンならずともちょっと知ってる人でも楽しめる圧巻なCM。ザッと聞いただけでもなぜか意味が大体分かってしまう不思議。

 

 

apple Timer

クッキーモンスターがひたすらキュートなCM。アメリカで日本よりも2ヶ月前に放送されたもので、それをそのまま持ってきたのはグッジョブです。

 

 

東京ガス CM 家族の絆 「やめてよ」篇

毎度お馴染み良作揃いの東京ガス。今回もとびっきりハートフルでうるっとくる作品を持ってきてくれました。ありがとうございます。

 

 

コカコーラ からだすこやか茶W カツ丼編

初見のインパクトが一番大きかったCM。ピリッとして雰囲気から一気に和やかでついつい口づさんでしまうメロディとハーモニーが秀逸でした。

 

 

そして10作品目にして今年の大賞となります。こちらです!

マウスコンピューター 「もしもロボットがいてくれたら」

乃木坂46を起用したCMでも注目を集めたマウスコンピューターですが、分かりやすくどこかセンチメンタルな内容で大賞に選ばせていただきました!

 

 

いかがでしょうか。今年はいろいろと良作揃いだったので余ったものもどこかで紹介できたらなと思います。

 

それでは。よいお年を~。