べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

赤べこと勇者ああああのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

僕がここでテレビ番組のお話をする時はだいたい深夜番組なんだけど、なんと今回は深夜番組です。相変わらずだな? 相変わらずだよ。

 

ちゃっちゃといきましょう。その番組とは「勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~」。

www.tv-tokyo.co.jp

まあ読んでタイトルが如くですよ。それはもうゆる~いゲーム番組です。

最近Twitterでとあるキャプチャが拡散されたことで有名(?)な番組ですね。

 

どんな番組かというと、メインの出演はアルコ&ピース。彼らのラジオなんかを聴いていれば分かるが、自分たちのホームでは無類の強さを誇り、都合3年間務めたオールナイトニッポンでは評論家から「リスナー参加型番組の最高峰」と称されるほどのトガったフォロワも抱えるコンビですね(反対に記憶に新しい有吉の壁事件(※1)に代表されるようにアウェイでは実力を発揮できない辺りがチャームポイント)。

そんなアルピーがラブレターズうしろシティスーパーマラドーナにニューヨークなど本人たち曰く「横の繋がり」と言うほどの共演歴を持つ芸人をゲストに、ゲームに関する企画を展開するのでホーム感満載でアルピー本来の面白さを見られる貴重な地上波番組なんですよ。

この辺が新しいさえないファイブ(※2)なのかも知れないね。

 

その、ゲームに関する企画の内容の一例を。

まずコマンド危機一髪。格闘ゲームの必殺技コマンドなど、慣れていないと難しいコマンド入力を4人連続で成功させるまで続け、失敗したら電流という傍から見てるだけなら痛快な企画。三四郎のええ声のほう、相田がナレーションを務めるというのを知り、「どんなもんかいのう」と番組内容を見てみたらマリオカートで4人同時にロケットスタートできなかったら電流という文字を見ただけで「あ、これは見よう」と思わせてくれた企画です。僕のためにありがとうな。

次にワンコンタッグマッチ。コンビの片方が目隠しをしたままコントローラーを握り相方の指示のみでゲームを進め、より優れた内容だったコンビが勝利。負けるとコンビ愛を深めるためと称し、地味に嫌~な罰ゲームを受けるという企画。コンビ愛がすごいのか、これまでアルピーはこの企画で全勝を誇っています。

そしてゲーマーの異常な愛情。これはただただオススメの名作ゲームをアルピーにプレゼンするというシンプルな企画。この企画で準レギュラーと言ってもいいほどの活躍を見せているのがヤマグチクエスト(なにこの親近感)。自身で「面白いこと言わなくてよくてゲームのことが喋れる」という、芸人としてどうなのかという発言が飛び出すほどのゲーマー芸人。

その彼がこれまでプレゼンしたゲームが「リンダキューブアゲイン」と「moon」。もう、これだけでそこそこのゲーマーなら彼が信頼できるゲーマーかが分かると思います。数々のゲーマーが認めるプレステの名作だよね。なので赤べこの如く頷きながらプレゼンを見守ってしまってしまう、知ってる人はもう一度、知らない人は初めてやってみたくなる企画ですね。

 

しかしこのヤマグチクエストの持ってくるラインナップが余りにも間違いないので、次は何を持ってくるかな~、クエストならぬジロウだったら「ICO」とかかな~と想像していたんですが、今週の放送で次回予告が入り、なんと「ワンダと巨像」。惜しいなこれ!

……どう惜しいか説明するとめんどいので分かる人だけ赤べこしてください。

 

あまりにも赤べこする番組なのでこれ以上挙げるとキリがないのですが、他にもゆる~いゲーム企画満載です。そもそもアルピーのお二人がそんなにゲームが得意なほうではないのでそれはもうゆる~いゲーム番組ですね。それでもゲームとお笑い好きなら観ておいて損は無い番組だと思います。

さてね、勘のいい方なら気付いているかも知れないですが、この勇者ああああを観ているということは、内村てらすを観てないってことなんですよね。トルネ使ってるので同時撮りも録画しながら別番組を観ることもできないので物理的に(?)観ることができないんですよね~。まあ~、仕方ないっすよね~。あのスタイルをやらないと宣言したも同然だもんね~。まあね~。

 

それでは。

 

※1 有吉の壁事件 … アルコ&ピースD.C.GARAGEのスペシャルウィーク・生放送日に平子が声ガラガラな状態で登場し、理由を訊くと「有吉の壁のロケでどうしても大声を出さなきゃいけない状況に陥った」とのことで、普段落ち着いた芸風である平子が大声を出すなんてどんなものなのだろうとリスナーが心待ちにしていたのだが、ガッツリカットされていただけではなく番組自体にほとんど出てこなかったので、次の週でしこたまイジられた事件。勇者ああああでも声ガラガラの状態で収録している回があった。

 

※2 さえないファイブ … 磁石、三拍子、流れ星、ハマカーンタイムマシーン3号の2000年前後に結成された実力の割に世に出てこない5組のお笑い芸人。ヤマグチジロウが勝手にくくって勝手に言ってるだけである。

 

相変わらずと特撮のお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

すっかり月1の、それも月末ギリギリに書く習慣になってますよね。相変わらずだな? 相変わらずだよ。

というわけで今回は今月発売のCDの話をしましょうね。たまには音楽の話をしようと思ってね。ここ最近はお城の話ばっかりだったから、音楽聴く人っていうイメージもね、忘れないようにね。

ん? お城? 今月は3つほど行きましたよ。

 

さて、今月発売と言ってもリリースされたのが7日だからそれなりに経ってるのだけど、どうもここ最近っていうのは発売日にドッと買いに行くということをしなくなったよな~って。

優先順位が変わったって感じですかねー。どうしてもねー。

 

……というわけで、そのここ最近はレンタルできるまで待つか、それができない場合はamazonで何か買う時についでに放り込むといった感じで、今回のCDもそんなスタイルで購入した次第です。

前置きはこの辺にして、そのCDっていうのが……

 

科楽特奏隊ウルトラマンザ・ロックス」です。

 

もう、読んでタイトルの如くですよね。そのまんまです。そういうことです。

ウルトラマンシリーズのロックカバーアルバムです。

初代ウルトラマンから80まではもちろん、ウルトラマンキッズ。そしてグレート、パワードの海外勢、ティガ、Xの平成勢と並び、最後はウルトラQで締めるというおいしいとこをギュッと詰め込んだ大満足の13曲です。

 

科楽特奏隊自体は前々から知っているというか、CDもいくつか持っているわけですが、やっぱりいいですよね。こういうコンセプトってね。音楽の特にロック系統が好きで特撮の特にウルトラマン好きにはたまらないアイテムですよね。

 

そもそも、僕がなぜ特撮、特にウルトラマンが好きかっていうと幼い頃にビデオで擦り切れるほど観たからです(簡潔に完結)。

……言い方は単純ですが、これって結構重要で、まだその頃のウルトラマンっていうのはテレビシリーズでは1980年の80を最後に1996年のティガが放送されるまで16年間新作が作られなかったいわゆる冬の時代だったんですね(海外での制作はいくつかあったらしい)。もちろん、当時の僕には知ったこっちゃないですが。

そして、そのティガがヒットする要因のひとつとなったのがそのビデオで、冬の時代ながらもビデオ展開をすることでじわじわと当時のキッズたちに浸透していたところに新作を出し、その後の平成ウルトラシリーズの基盤となったわけですよ。

 

この冬の時代、ウルトラマンに限った話ではなく、特撮というジャンル全般に言えることだったんですね。

例えば仮面ライダーでいえば初代から始まる70年代に大ブームとなるも、その後その勢いも続かずシリーズ終了。その後80年代にちょこちょこと復活するも90年代になるとついにひとつも作られなかったというのがちょうどこの頃で、その後に2000年にクウガ、2001年にアギトで復活し、当初予定になかったシリーズ化までされるようになったり。

唯一その特撮冬の時代の間もテレビ放送され続けていたスーパー戦隊シリーズも、90年代に入ったあたりで視聴率不振に陥り、シリーズ存続すら危ぶまれ、91年のジェットマン(あれ91年だったのか……)で人間ドラマに重きを置くシナリオ作りなどの大革新を行い、母親層の支持も得て復活した。という逸話が残っています。

そんな特撮も今では若手俳優の登竜門ですからね。若手の俳優の経歴にこの3つの特撮のどれかが必ず入ってると言っても過言ではないですからね。

 

そういう特撮というジャンルの復活劇を、キッズの、いわゆるメインターゲットの視点から見つめてたのが僕らの世代っていう感じなんですよ。そういうそれまでの流れを変えるパワーというのを知らず知らずのうちに見せ付けられていたのだから、好きになって然るべきってことなんですよ。うん、仕方ないんだよ。これは。

 

……と、おかしいな。冒頭では音楽の話するって言ってたのにな……。

そんな感じです。そう、僕は相変わらずだよ。

 

それでは。

 

「ありがとうな」と城跡のお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

いやあ、みんな僕のためにありがとうな。

……最近ハマってる言い回しです。別に特に何を感謝してるでもないのですが、なんか照れくさそうにぶっきらぼうな言い方が妙にツボにハマっちゃって何でもないのについつい言っちゃうのです。でもまあ、ほんと、ありがとうな。

 

ハマっちゃったといえばいつぞや(色々と繋がるのお話。 - べっかん)話題に挙げて「暖かくなったら近場のどっかに観に行ってるだろうなってレベル」とまで言っていたお城なんですが、暖かくなったからか今月から本格的に巡り始めております。まんまと、まんまとです。

初回はゴールデンウィークで友人と休日が被ったので「お、じゃあお城行っちゃう?」と気軽な感じで行ったのが小田原。

正直小田原なんて住んでる所から言えば全然気軽な位置ではないのですが、あれこれ案を出していたところ友人が「小田原城とかあるぞ」と言われたので「いや、小田原の城はそこだけじゃないんだ。石垣山一夜城っていうのがあってだな?」と聞きかじった言葉をそのまま使い、その勢いにまかせて行ったので気軽に思えてしまっただけで、本来全然気軽な土地じゃないのです。でもそんな勢いが出ちゃうくらいお城っていうのがホットなものだったんですよ。

 

とまあ小田原についてはその辺にしておいて(すごく楽しみました)、その翌週にもなんだかいてもたってもいられずに近場の城跡に行ってみたり、その翌週も……というようにまんまとハマっているのが現状です。

そうやっていくつか巡ってみて、まあ詳しいことは詳しくないので我が物顔で語ったりはしないのですが、行ってみると感覚的にも想像力かきたてられて楽しいですし、お城の形がそれぞれなのはもちろんなのですが、城跡の形もそれぞれなんですよね。お城のあった場所をどう遺しているのか、みたいな。

例えば公園として土地の形を残しつつ整備していたり、整備はほとんどされてなくほぼ野山だけど地元のボランティアの方が設置した説明書きがあったり、ガッツリ復興させて果てにはそれっぽいお城まで建てちゃったりなどなど。

その辺にも遺そうとしてくれた人の想いみたいなものを当時のお城の姿と共に想像してしまうのも城跡を巡っていて楽しいことのひとつでもありますね。こんな時こそ言いたくなっちゃいますよね。「ほんとありがとうな」って。

 

そんな5月を過ごしていたわけなんですが。正直インドアオブインドアの色白少年だった僕からすれば毎週どっかに出かけるなんてことが異例で、「次はどこに行こうかな~」なんてことを考えてること自体がおかしいとも言えるほどなのです。「山梨って意外と近ぇんだな~」なんつってね。

意外と近ぇんだな~なんて思うだけならタダだけども、実際コンスタントにポコポコと行けるかってなるとなかなかね、どうしてもね。マネーのほうがね。

そうなるとお仕事欲しいよね。今一番ときめく言葉は「取材費経費で落とせるんで城漫画描いてみない?」ですからね。そんなこと、言われたいよね。願ったり叶ったりってやつですよね。

そんなこと言われた日にゃ心の底から「僕のために、ありがとうな」ですよね。

 

それでは。

 

いつも通りと笑×演のお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

今回はバラエティ番組のお話を。このブログでバラエティ番組のお話といえば内村てらすやヨムスポなど深夜番組が主ですが、ですがじゃないな、同じく深夜番組です。いつも通りってわけです。こうして見ると深夜番組しか観てないような感じするけどゴールデン帯も割と観てますよ。「みんな観てるだろうし別にいいかなぁ~」って思って話さないだけで。それと、深夜のバラエティってクセが強かったりいろいろと荒い部分があったりで話題にしやすいんですよね。

 

本題に入りましょう。その名も「笑×演」。その名が示す通りお笑い芸人が書いたネタを役者が演じるという、シンプルで分かりやすい番組です。だからこそ興味を引かれるわけですよね。そうですよね!

 

題材がシンプルとなると気になるのが出演者ですが、プレ放送的な特番(1時間)と通常回(30分)3週ぶんを観てみたところタイムマシーン3号さらば青春の光、ザ・ギースなどネタに定評のあるお笑い好きにも納得な人選で、役者陣の方も映画やドラマで(あんまり見ない僕でも)よく見るような人たちなうえに芸歴ウン十年の大ベテランの方々も積極的に起用していてなかなかに見応えがあります。

 

ネタへの取り組み方も人それぞれで、例えばハライチ岩井の場合「個人的には好きなのだが、ハライチではできないネタ」としてリズムネタのようなコントを書いたり、逆に流れ星やうしろシティのように普段自分たちがやるようなネタを書いたり、ナイツのように普段の自分たちのスタイルを残しつつ演者のプロフィールなどを踏まえたネタの作り方をしたり。

 

そんな中、全ての芸人に共通していることがあるのです。

ネタを始める前に、その芸人と役者のそれまでの様子がVTRで流れるんですよ。その中で芸人が役者に台本を渡しに行き、役者はその場で目を通すのですが、その時の芸人は読み終わるのをずっとそわそわしながら見守ってるんですよ。普通他人にネタを書くことなんてないでしょうから当然といえば当然のことなんですが、毎回面白いです。

 

気になるのはそのネタの出来栄えなのですが、あんまり文章で言っても野暮なことだしそもそも伝えきれるものでもないのでこれはもう放送を見てくださいと言うほかありませんよ。とにかく笑いのプロと演技のプロのバチバチしたものが見られるのはここだけです。

あと、ひとつだけ言えることは、芸人が作るネタは当然それまでにない書き下ろしなので全てのネタを新鮮な気持ちで見られるということです。それって地味に嬉しいことですよね。そうですよね!

 

そんな感じですね。シンプルでありながら全てが新鮮な番組で毎週楽しんでおります。MCのザキヤマバカリズムも静と動でありながら居心地のいい場回しもほっこりポイントです。あ、テレビ朝日で毎週水曜の深夜1時57分放送なので気になったら是非に。

しかし、プロ対プロのバチバチが見られたと思えば、同じテレ朝のくりぃむナンチャラで「クイズ技術さんが考えました」というクールポコやいつもここからなどのショートネタの中に音声さんやカメラマンなどの技術スタッフが考えたネタを混ぜ、それを当てられるかという、笑×演とコンセプトは間逆なのにこれまた面白い企画を同時期にやっててなんか面白いなって思いましたね。面白いっていっぱいあるんだね~。

 

それでは。

 

さらっとしっかりのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

カルテット、最終回から1週間ちょっと経ちましたね。

普段あまりドラマとかを観ないのですが、好きな松田龍平が珍しくテレビドラマに出るからと気になったので観ていたのですが、まんまとハマって、後追いなどではなく第一話から毎週楽しみに観たドラマって久しぶりのような気がします。

観てみた感想としてはシーンや掛け合いの一つ一つが見逃せない行き届いた作品だったなあと思いました。全部振り返ってるとキリがないので、最終回を主に振り返ってみたいと思います。

 

最終回は色々な「対比」が詰まってたんじゃないでしょうか。

1話の車で別荘に向かうシーンの再現のようなシーンでは声の小さい真紀さんとは真逆の元気な女の子を乗せてたり。

美容室をクビになってからノクターンでのバイトが決まるまで何もしてなくて養ってもらう気マンマンだった家森さんがあんなに難色を示していた割烹料理屋(になったのくた庵)で週7で働き、板前修業を始めるとまで言い出したり、毎朝二度寝をしていたぐうたらなすずめちゃんが資格取得を目指して徹夜をするようになってたり、唯一勤め人であった別府さんが会社を辞めていたり。そのギャップが真紀さんがいなくなったことによる歪みのようなものが読み取れたり。

逆に1話と同じことを、例えば唐揚げを囲んでのかけ合いという、同じことをしているのに意味合いが変わって見えるという演出。先日のけものフレンズの最終回でもありましたが、1話での言動を用いて最終回までの成長や変化を見られるのはいいよね~って思ったりしてました。

 

また、「なぜ音楽を続けるのか」という手紙の送り主との対比。元々、4人だってあのカラオケボックスで偶然出会っていなければ音楽をやっていこうと思わなかっただろうし、もしその送り主もその偶然に巻き込まれていたら……というか、もし出会っていなければという対比ですかね。

「自分の中のキリギリスを殺し」て、送り主の言う「正しい選択」をすれば、スパッと諦めて板前修業をしていれば、資格を取ってキャリアアップしていれば、現在の自分から変わってしまえば、正しい人生やもっといい人生が待っていたかも知れない。それの極端な例がアリスちゃんだったように思います。でもそんなこと関係ないと歩み続けるという選択をした4人。

でもその4人はダメなままではない。ちゃんと唐揚げを小皿に取ってレモンをかけられるようになったし、これからはサンキューパセリを言えるようになるでしょう。世間の言う「正しい選択」をしていなくても、ちょっとずつでも前に進んでいけばいいんだよ。というお話なのだと僕は思いました。

 

お話の作り方に関して、毎回冒頭でその回のテーマと言える様なことをさらっと乗っけるスタイルが印象的でした。最近よく言ってる縦軸ってやつですよね。なんかで使いたいものです。

さらっとといえば割と物語の重要であるような事柄をさらっと、些細などうでもいいようなことをじっくりと表現してますよね。物語最大の嘘である真紀さんの正体でこれでもかと引っ張ったかと思えば次の週の序盤であっさり真紀さんの本名や本物の早乙女真紀を出してきたり。かと思えば家森さんのいちゃもんにたっぷり時間を使ったり。でもその部分がその回のテーマにしっかり刺さってたりと、ここでもドラマとしての「正しい選択」から外れている作り方のように思えてちょっとフフンと笑っております。

 

ついでなのでもう一回触れておこう。けものフレンズもそういう作り方してた気がしませんか? 重要な(でも薄々分かっていた)かばんちゃんの正体をさらっと明かしたかと思えばフレンズたちとの触れ合いをしっかり描いていたりして。同時期に似たようなスタイルの作品を観ると嫌でも意識しちゃいますよね。なんかで使いたいものです。

 

それでは。