べっかん

ヤマグチジロウの諸々の別館。長文を書きたいお年頃。

掘りがいと未勝利スポーツ漫画のお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

世の中にはたくさんのスポーツ漫画があるよね。例えば僕が今読んでるのもで言えば今はジャイキリとか、あれ意外と無いな。昔々でいえばH2とかストッパー毒島とか。まあ昔から野球が好きだから野球が多いのだけど。

そんなスポーツ漫画の中で、連載が終わるまで未勝利のものをピックアップしてみたいと思いましてね。

だってジャンプ漫画の三大要素が「友情・努力・勝利」というのはよく聞く話だけれども、ジャンプ漫画だけではないとはいえ、そのうちのひとつである「勝利」を得られていない漫画。しかも勝利が大きな物を言うスポーツを扱った漫画を集めてみたら面白いじゃない? だって4巻以降全然アイスホッケーやってない『行け!!南国アイスホッケー部』(※1)だってそれなりに勝ってたのに! って思ったものでね。以前(※2)漫画カテゴリーの有効活用を掲げたついでにやってみようじゃないかと、そう思ったわけですね。そんな感じでお願いします。

あ、薄々感づいてる方もいるかと思いますが、未勝利で終わるってことはいわゆる打ち切り作品の色もあり、さらにサンプル数も少なく何年も前の作品もピックアップしているのもあって、今現在手に入りにくいものばかりなのですね。そういった中でもKindleで配信されている作品があったりするので、気になったらそっちのほうでチェックしてみてください。

 

Sweep!!

それではひとつめ『Sweep!!』。

タイトル、そして表紙を見れば分かる人もいることでしょう。カーリングの漫画です。

1998年の長野五輪でオリンピックの正式種目に選ばれて以降、知名度も上がりつつある競技ですがまだまだマイナーな競技です。そうなるとメジャーなスポーツと比べるとルールを説明しなくてはいけないというある意味での制約が生まれてしまう。それも相まってメジャースポーツよりも展開が遅くなってしまうという印象も多いです。

とはいえ、ちゃんとルールを説明してくれるのは確かなのでこれを読めばカーリングのルールはだいたい分かります。特に今オリンピックシーズンでカーリングを見る機会も増える時期に読んでみてはいかがでしょうか(なんでもうちょっと早くおすすめできなかったのかとは言わないでおくれ)!

ちなみに全3巻。ラストに主人公とその仲間たちが日本代表として試合に挑んでいる描写がありますが、明確に「勝った」というところがないので、未勝利とさせていただいております(そうしないとサンプル数が少ないもので……)。


Sweep!! 1 (バーズコミックス) コミックス

 

RING

続いては『RING』。

あの『世紀末リーダー伝たけし!』を描いた島袋光年先生が例の事件からの復帰後初めて描いた作品です。『トリコ』が復帰作だと思ってる方も多いでしょうが、実はこちらのほうが先で、『トリコ』は少年ジャンプでの復帰作にあたるのです。

そしてこの作品の最も特出されるべきは、この作品で扱うスポーツがこの漫画を描くために作られたオリジナルのスポーツだという点です。

そうなるとメジャー、マイナーどころか、この世に存在してないスポーツなわけですから上記の通り、むしろもっと事細かにルールの説明が必要になってくるというところが、まあ敗因といったところでしょうか(どんなスポーツか、ざっくりと言えば輪投げとサッカーとバスケを混ぜたようなスポーツです)。

奇しくも『Sweep!』と同じく全3巻。その中でも主人公が参加せずにピッチの外でルール説明を受けている紅白戦と、作中での最終戦である練習試合の2試合だけの作品となっております。一応、第一部の終わりとなっておりますが、『トリコ』のほうが大当たりしてしまった現在、第二部以降は未定と言ってもいいでしょう。


Ring 1 (ジャンプコミックスデラックス) 

 

かっちぇる♪

3つ目は『かっちぇる♪』。

こちらはようやくメジャーなスポーツ、バレーの漫画です。

球技大会で偶然見事なトスを決めたことに気を良くした主人公が、部員0・廃部寸前のバレー部を建て直すという、設定としては王道なものです。

しかし主人公をはじめとする登場人物には、スポーツ漫画にありがちないわゆる特殊能力を持っている人物もおらず(途中経験者が入部する程度)、その内容の重きは彼女たちのまったりとした青春にスポットが当てられていると言ってもいいでしょう。全6巻と前出の2作品に比べては多い巻数からもそのまったり感がうかがえます。

ちなみにこの作品の舞台は長崎県で、この作品と『スケッチブック』という作品によって少年期の僕は九州の言葉を身に付けたのです。お陰で同じく長崎が舞台の漫画作品『ばらかもん』や現在大河ドラマで放送されている『西郷どん!』なんかの方言も違和感なく受け入れられております。

 
かっちぇる 1 (月刊マガジンコミックス) 

 

白球少女

ラストは『白球少女』。

未勝利スポーツ漫画というジャンルを思い浮かべて、真っ先に浮かんだ作品がこれです。なぜなら他の作品は何だかんだいっても「もしかしたら勝ってたかも……」という己の記憶への迷いがあったのに比べて、この作品は勝利どころか一試合もしていないからです。

先に述べた通りマイナースポーツならルール説明も必要でしょう。短期打ち切りなら構成上仕方ない部分もあるでしょう。しかしこの作品は野球というどメジャーなスポーツでそこそこな5巻まで出しておきながら一試合もしていない、逆に清清しい作品なのです。

とはいえ、個人的に大好きな作品なんです。一試合もしてない代わりにハイテンションなギャグや、随所に散りばめられた小ネタなどが爽快で、野球をしてない野球漫画では一番好きな作品です(そんなの他に例がないですが)。

特に最終話目前で仲間の部員が裏切って加入した他の高校との練習試合が組まれたにも関わらず見事にすっぽかしたというところで「そうこなくっちゃ!」と心が沸いたものです。

 
白球少女(1) (フレックスコミックス)

 

さてさて、いかがだったでしょうか。如何せんスポーツ漫画というのは守備範囲の際の際なので、この他にも未勝利のスポーツ漫画があったら教えてください。基本的に他人から薦められたものはよっぽど刺さらない限りは手に取らないのですが、この新たな(?)ジャンルは掘りがいがありそうです(巻数も少なそうだしね)。

そんな感じで、一見するとガッカリな作品群のように思えますが、一勝もしてない代わりにそれぞれに面白い部分があるので興味があったら手にとってみてください。

 

それでは。

 

(※1)『行け!!南国アイスホッケー部』は、後に『かってに改蔵』や『さよなら絶望先生』を描く久米田康治先生の連載デビュー作。全23巻。本人曰く、「あだち充作品のような青春スポーツ漫画を描きたかった」はずが、それとは全く逆の下ネタ漫画と化してしまった、ある意味彼の作風を決定付ける作品。

 

(※2)かねてより漫画大好き少年だったにも関わらず、漫画カテゴリーの記事が少ないということで書いた記事。これを書いて以降、買った漫画を意識してみれば半年に1回とは言わず1クールに1回紹介記事書けるんじゃないかと思っている今現在。

colapoly.hatenablog.jp

 

傾向とテレビ局のお話。【フジテレビ編】

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

これまで何度も触れている通り僕はテレビ、特にバラエティ番組大好き人間なのですが、それについて最近いろいろと気になることがありまして、それをまとめてみようかなと思いまして。

それは何かっていうと、テレビ局ごとにバラエティの傾向みたいなのあるよねということで、もちろんそれはとてもとても1つの記事では(僕の思うちょうどいいサイズに)収まりきらないので分けて書いておりまして、分かってるね? 第三弾です。

 

第三弾はフジテレビ。

実は僕の育った山口県ではフジテレビが映らなくて、当時でいえばめちゃイケとかトリビアとかのヒットした番組だけ買い取ってド深夜とか夕方とかに放送しているものを見る程度しか触れ合いがなかったんですよ。

そんななか現在の街に越してきてようやく触れ合えるぞという時にはフジテレビが一番燃えている頃で、現在に至るにつれかつての勢いが薄れているという、そんなフジテレビ人生ですがこのブログはとにかく褒めようみたいなところもコンセプトにあるのでね。ポジティブにいくよ。ポジティブに。

 

そんなフジテレビに感じるバラエティ番組の傾向はやりたい放題と大規模の殿堂の局です。

めちゃ×2イケてるッ!』や『はねるのトびら』でのパロディ企画の数々『とんねるずのみなさんのおかげでした』での大掛かりなセットを利用した企画。『トリビアの泉』や『ほこ×たて』などでも大規模な検証が人気でした。また、矢島美容室や羞恥心をはじめとするヘキサゴンファミリー、エキセントリック少年ボウイオールスターズなど、メディアミックス前提での企画も多く、まさにやりたい放題なテレビ局だと言えるだろう。それも、タレント・スタッフ一丸となってのやりたい放題なので企画がノッたときの爽快さは他の局を逸するものがある。

逆に、『オモクリ監督 〜O-Creator's TV show〜』や『世界は言葉でできている』など文化的な内容を扱う番組では深夜時代に好評を得ていたものでもゴールデンで短命に終わる傾向を感じる。

そういう部分が例えば最近のコンプライアンスの問題でやりたい放題にケチがつくようになったり、予算等の問題で大規模での企画が通りづらいという問題が、昨今のフジテレビの低迷に繋がってるのかも知れない。

 

そんなフジテレビで、現在でもやりたい放題という傾向を感じる番組を2つ紹介しましょう。

 

ひとつめは『さんまのお笑い向上委員会』。

向上長・明石家さんまを中心にお笑い向上委員会メンバーがひな壇に座り、招かれたゲスト向上芸人に言いたいこと(○○をやめろ、××を見習えなど)をぶつけ、お笑い界全体の向上を目指すという、表向きはそういう番組である。

しかし、本編のほとんどは明石家さんまとメンバーによるアドリブ合戦であり、そのアドリブが盛り上がった結果3本撮りのうち1本目はゲスト芸人を呼び出すことができないという事態もたびたび起こり、「一番呼ばれたくない番組」「戦場」などと出演者から恐れられる番組である。

モニター横芸人と呼ばれるノーギャラで参加する芸人(※1)も、トークのハネかたによってはその日の主役にもなりうる、まさに何でもありのやりたい放題な番組といえるでしょう。

 

もうひとつは『全力!脱力タイムズ』。

くりぃむしちゅー有田哲平扮するアリタ哲平がメインキャスターとなり、有識者3人にゲストの俳優、バラエティタレント(主にお笑い芸人)を加えた5人をコメンテーターに招き、ニュースを解説する自称・報道番組。

しかしその中身は、取り上げた特集が「まだVTRができてない」「ボードが間に合わなかった」などという理由から全く関係ない企画に進んだり、事前にゲストに取材した特集が徐々に間違った内容になっていき、その都度唯一の良心であるゲスト芸人がツッコんでいき、軌道修正を試みるも、有識者たちがそれぞれの得意な話題に持ち込んで解説を始めたりと、ゲスト芸人以外が押し進める悪ふざけに終止振り回されるという内容。

近年のワイドショーなどにお笑い芸人が呼ばれて真面目に受け答えをする現状を皮肉った内容にも感じられて毎回楽しみな番組です。

 

3月いっぱいで『めちゃ×2イケてるッ!』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』という長らく局を支えてきた2番組の終了が告げられ、岐路に立っているフジテレビ。ここからフジテレビらしさを貫くのか、新しいフジテレビ像を見せるのか、その動向に注目したい。

 

それでは。

 

(※1)番組初期にイワイガワ岩井ジョニ男がモニター横で見学していたところをさんまがイジったところトークがハネ、ひな壇に「昇格」したことから若手芸人が殺到している枠。過去にサンシャイン池崎や平野ノラがこの枠で出演し、他番組にも進出していったことから芸人の青田買い的な要素も多い。

 

※傾向とテレビ局のお話アラカルト

colapoly.hatenablog.jp

colapoly.hatenablog.jp

 

ニヤリとオー!!マイ神様!!のお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

明けて久しいですね。ケツメイシは分からんわ(前回参照)。

まあ気を取り直していきましょう。今回は久しぶりの深夜テレビです。

 

その名も『オー!!マイ神様!!』です。

www.tbs.co.jp

MCを爆笑問題田中、進行アシスタントをメイプル超合金カズレーザーが務め、毎週様々なゲストを迎え、ゲストの敬愛する"マイ神"を紹介する神様プレゼンバラエティー。なのです。

 

とまあ、上記でこの番組に関することはほとんど説明し終わってしまうわけなのですが。

お笑い芸人や俳優などの芸能人だけではなく、映画監督や作家などの文化人まで多様なゲストが、存命人物・歴史上の人物関係なく果ては映画作品や街まで多様なマイ神をプレゼンしており、それも自分の敬愛してやまない物についてプレゼンをするわけだから熱量もハンパないです。

MC陣も存命人物であれば田中が当時のことを振り返ったり、歴史上の人物であればインテリ芸人のカズレーザーが補足を入れたりとスタジオ全体がマイ神を担ぎ上げており、まったくストレスなく見られる番組です。

 

中でもナイツ塙がマイ神・細野晴臣をプレゼンした回ではナイツの漫才はYellow Magic Orchestraテクノポップのテンポを参考にし、等間隔でボケと突っ込みを繰り返すスタイルに行き着いたということを明かしたり、サンシャイン池崎が『天元突破グレンラガン』の登場人物・カミナをプレゼンした回ではカミナの暑苦しいまでのキャラクターに感銘を受けて現在の芸風に行き着いたことなどゲストの意外なルーツについても知ることができたり、名の知れたマイ神でもゲストによる解釈によって新しい一面を知ることができたりと何かと勉強になることも多いのが毎回観てしまう要因のひとつです。

 

それに加えて注目したいのが番組内で扱われるBGM。オープニングがRADWIMPSおしゃかしゃまのイントロのギターリフであることをはじめ、THE BACK HORN9mm parabellum bulletキュウソネコカミなどの邦楽ロックミュージシャンの楽曲を積極的に使用しているところです。

ただむやみに選曲しているわけではなく、猪瀬直樹三島由紀夫をプレゼンした回で三島由紀夫の自決に迫った際にエレファントカシマシの「昔の侍」(※1)のイントロが使われているようにちゃんとシチュエーションに合った選曲になっているので、それが分かったときにニヤリとしてしまうのです。

 

と、いったように人物に歴史に音楽にと様々な方面から楽しめる番組なので皆さんもチェックしてみてください。

あ、TBSで毎週火曜(月曜深夜)の0時58分からですよ。

 

それでは。

 

(※1)アルバム「明日に向かって走れ~月夜の歌~」収録。『昔の侍は自ら命を絶つことで自らを生かす道を自ら知ってたという』という歌詞から始まる哀愁漂う名曲。

 

2017年とCMのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

年末なので恒例のものとか、振り返りのものが多くてね。今回はその両方を兼ねる個人的に心を掴まされたCM大賞!さっそく始めていきましょう。

 

……その前にこれまでの年間大賞を振り返ってみましょう。

2009年 ジュエルカフェ 貴金属刑事シリーズ
2010年 日清 カップヌードル替え歌シリーズ
2011年 エステー 消臭力
2012年 グリコ ポッキーみんなに笑顔を届けたい冬編
2013年 ホクト 立派なきのこ
2014年 ショップジャパン ワンダーコア
2015年 テレビ東京 PLAY THE PING PONG
2016年 マウスコンピューター もしもロボットがいてくれたら

ここをいちいち動画貼っていたらキリがないので気になったら調べてみてください。

それでは例年通り、今年の心に残ったCMを計10作品紹介。最後に大賞の発表です。

 

オンテックス 「デザイン」篇

 デーモン小暮閣下を起用したコミカルなCMの一つ。デーモン閣下のメイク……個性的な素顔を住居のデザインに見立てたシリーズで、コンセプトもさることながらこちらのほうがオチが秀逸だったのでこちらを選びまた。

www.youtube.com

JA全農あきた あきたこまち×小芝風花「食べまくる」篇

そりゃもう、とにかくただかわいいってのもあるのですが、いわゆるコンプライアンスを逆手に取る手法っていうのはコントやらなんやらで見てきたけれどもそれをCMっていう短い中でやるっていうのはなかなか見なかったと思うのです。

www.youtube.com

日清 どん兵衛×けものフレンズ 「ふっくら」

言い忘れてましたが基本的に一企業一CMです。日清といえばサチコビームで本社爆破CMから始まり、自社製品爆破CMカレーメシ、阿部サダヲを新たにメインに据えたラ王、安心安定ののガッキーチキンラーメン星野源吉岡里帆どん兵衛、そして賛否のすごいカップヌードルのアオハルなどCM界隈では話題の欠かない企業ですが、今年といえばけものフレンズでしょうと。2017年といえば。ね。

www.youtube.com

明星 一平ちゃん夜店の焼そばCM 「チーフマヨネーザー 進路 篇」

続いても即席麺から。同時期にカップヌードルを爆破したカレーメシが話題になりましたが、毎回毎回狂っているカレーメシよりも、広瀬すずのあざとかわいい路線からいきなり濃ゆい男くさいこの路線に舵をきったこのCMを評価したいのです。

www.youtube.com

ドコモ 25周年ムービー「25年前の夏」

携帯電話の古い機種とミスチルの音楽で25年間を表したっていう、やつですね。しかしケータイはちょっと古かったらすごい昔のように思えるのにミスチルの色あせなさはすごいっすね。

www.youtube.com

GRAVITY DAZE 2 #重力猫『GRAVITY CAT / 重力的眩暈子猫編』

PS4のゲーム、GRAVITY DAZE 2の世界観を表現したプロモーションムービー。だって猫とか出るし。

www.youtube.com

関門PRムービー「COME ON! 関門!」

瀬戸内出身の身として、そして特撮好きの身としてこのムービーは外せなかった。無駄に豪華な作りでありながらオチのバカバカしさにも吹き出してしまう作品。

www.youtube.com

藤井隆 "light showers" CFまとめ

藤井隆のニューアルバム10曲の一つ一つをCM曲を模したムービーにしてまとめた作品。90年代のCMあるあるである無駄に入ったエコーや「ジャンパー当たる!」など終止楽しませてくれます。ビデオテープに入ってた映像を切り抜いたかのように前後に提供読みやニュース番組が映りこんでるあたりにもこだわりが感じられ、藤井隆の今ノッてる感が存分に味わえますね。www.youtube.com

キリンビバレッジ 午後の紅茶 「あいたいって、あたためたいだ。17冬」

飲料会社の中でも多くの名作を生んでいるキリンビバレッジ。上白石萌歌の飾らない歌声がスピッツ「楓」のメロディの美しさを際立たせていますよね。

www.youtube.com

スペースワールド グランドフィナーレ篇

そして大賞はスペースワールド。今年の初めに閉演を発表し、開き直ったかのようにふざけたCMを連発した最後のCMがこんなにじんわりくるとは。小学校の修学旅行等で訪れたことのあるテーマパークで思い入れも多いため、大賞に選びました。だってこれは僕のブログだもん。

www.youtube.com

以上です。これで年も越せるというものです。例年に比べてテレビCMの枠よりも大きいものが多かったですね。ネットムービーに力を入れてる自治体なども増えてきてテレビ以外にもチェックする機会が増えそうな。

 

それでは。

 

反省とガキ使のエンディングのお話。

 

やあ、ヤマグチジロウだよ。

 

年末と言うこともありバラエティの特番がいろんなところで組まれて漏れていやしないか、ここ被ってるのはどちらを優先しようかなど忙しない毎日を過ごしております。

この年末、この冒頭文。今年もあの季節がやってきたということです。そう、ダウンタウンガキの使いやあらへんで!」の笑ってはいけない24時シリーズのエンディングを誰が歌うのかを予想するシリーズです!

 

以前(※1)書いた通り、毎度お馴染みを作り出す日テレの毎度お馴染みの大晦日年越し番組のエンディングを、毎度有名ミュージシャンが自身の楽曲の替え歌を歌うことで6時間超の番組を締めるわけなのですが、毎年、過去二回(※2)予想してひとっかすりもしていない予想です。

 

ではまずは前回までの人選を振り返ってみましょう。

2008年 サンプラザ中野くん (笑ってはいけない新聞社)

2009年 つんく♂ (笑ってはいけないホテルマン)

2010年 立川俊之 (笑ってはいけないスパイ)

2011年 奥田民生 (笑ってはいけない空港)

2012年 藤井フミヤ (笑ってはいけない熱血教師)

2013年 斉藤和義 (笑ってはいけない地球防衛軍)

2014年 トータス松本 (笑ってはいけない大脱獄)

2015年 Every Little Thing (笑ってはいけない名探偵)

2016年 石井竜也 (笑ってはいけない科学博士)

 

予想の軸としては「一発でそれと分かる代表曲を持つバンド・グループに所属(斉藤和義は除く)していたボーカリストで、なおかつダウンタウンとの絡みがあるミュージシャン」を傾向として考えており、前々回のELTという初の現役グループの抜擢は難しかったにせよ、前回の石井竜也は傾向に一致するにもかかわらず完全に予想から抜け落ちてしまって頭を抱えたというところまでが去年の僕のハイライトでした。

 

そんな悔しさを持って考えた今年の予想ミュージシャンはこちらです!

本命 渡瀬マキ

対抗 ROLLY

穴 槇原敬之

大穴 TERU(GLAY

です!

 

まず本命の渡瀬マキ。「今すぐKiss me」などの楽曲を持ち、ダウンタウンが出演していた夢で逢えたらの主題歌「BELIEVE IN LOVE」を歌っていたLINDBERGに所属しており、傾向に一致するとみて本命に選びました。

対抗はROLLYすかんちのメンバーで「恋のマジックポーション」がごっつええ感じの主題歌という点。一目で分かる風貌を持っているが、さすがに「今すぐKiss me」と比べられると一つ落ちるのかなとして対抗に。前回、本命・対抗・穴までを生粋のソロミュージシャンでまとめてしまった反省を存分に生かした予想です。

穴はマッキーこと槇原敬之。3年連続3回目の予想選出に。挙げておけばいつか出てくるだろうとか、そんなことは思っていない。絶対にだ。

大穴はGLAYのTERU。ミュージシャンとしての格や音楽番組での絡み、昨今のフットワークの軽さを見ると本命級なのだが、やはり現役バンドはELTしか前例がないためにこの位置に。

 

といった感じです。毎年毎年本気で考えておりながら、「ま~だ何か見逃してる気がするんだよなぁ」という思いが残ってしまうのは何故なのだろう。

きっと年明けに頭を抱えてるんだろうなぁ……

 

それでは。

 

(※1)

colapoly.hatenablog.jp

 

(※2)今年で3回目。予想、布石ときて反省。なんかもう一回転がされそうな感じするよね。

colapoly.hatenablog.jp

colapoly.hatenablog.jp